注目キーワード
  1. 育児
  2. 仕事
  3. 生活
  4. イベント

「仕事したくない」なら環境を3つだけ変えてみよう

「仕事環境」ってこんな事だと思ってませんか?

一般的な「仕事環境」

●デスクがある

●社有車がある

●ネットワーク環境
 

これもすごく大事な環境だと思いますが、この記事で言う「環境」とはこんなことです。

 

「仕事をしない」ための作業環境

●人間関係

●会社内の位置付け

●できる事できない事の明確化

 

この3つの環境さえ整えればあなたは仕事を与えられないのです!「そんなはずはない。」そんな事を思う方もいると思います。

 

実際、昔の私だったらそう思いました。しかし職場でよく周囲を見渡してみると、「仕事をしているようであんまりしていない人」いませんか?

 

でもそういう人は「なぜか怒られらない」!

 

疑問に思いその人を「観察・分析」していると「環境」を利用してうまく立ち回っている事に気付いたのです。

 

本記事では仕事をしたくない」人に向けて出来るだけ仕事を与えられないように立ち振る舞うための環境の作り方を深掘りして説明します。

 

そもそも「仕事したくない」の意味が「仕事を辞めたい」という方はこちらの【超簡単】「仕事辞めたい」がなかなか「言えない」モヤモヤの解決方法の記事に簡単な辞め方を書いていますので読んでください

 

この記事を読んでくれたあなたは環境を変えることで、たいして「仕事をしなくても」周囲から「仕事をしている風」に見られるようになりますよ。

 

■本記事の内容

□「仕事をしたくない」なら人間関係を良好に

□「仕事をしたくない」なら会社内の位置付けは程々に

□「仕事をしたくない」ならできる事できない事を明確に

 

 
ナウイズミ
私は3つの環境を整備をする事で、必要以上の仕事は与えられなくなりました。

もちろん仕事に対して最低限のスキル・知識は必要ですが、「仕事をしたくない」が「余計な仕事をしない」に変化することで自由な時間が生まれますので是非試してください。

 


スポンサーリンク


 

「仕事をしたくない」なら人間関係を良好に

 

 

まず環境整備の第1Stepとして「人間関係を良好」にします。

 

あなたの周りで「この人嫌いだなぁ」とその人を深く知らないが、感覚的にそう捉えて敬遠している人いますよね。

 

これは感覚的にではなくて過去になにか嫌な思い出が脳内の思い出せない所にしまってあるからなのです。

 

敬遠されてしまう行動

●あいさつを返さない

●自慢話ししかしてこない

●必ず否定的な意見しか言わない
 

このように無意識に毛嫌いされることはホントにもったいないので「あいさつやマナー」は社会人として当たり前のことなので絶対に守りましょう。

 

なんでも許されるキャラを目指そう

 

 

社会人としてマナーも大事ですが、今回の「人間関係を良好」にするStepは「人を好きや嫌い」にさせるというものではありません。

 

ここでいう「人間関係を良好」にするの意味合いは「あなたがなにをしても許される」ように相手の脳内に「刷り込ませる」ことです。

 

具体例


〇〇したい→あなたがしたいならやってみなさい

仕事に失敗→君がやったんなら仕方がない次頑張って

 

こんな感じで「なんでも許されてしまう愛されキャラ」を社内で作ることが大事です。もちろん1日や1週間でそんなことは無理な話で、コツコツ積み上げていかなくてはなりません。

 

キャラ作りで積み上げるもの

●気配りができる

●人の話をよく聞く

●笑顔を絶やさない

 

キャラ作りにはこの3つを守って仕事していればOK!

 

「仕事をしたくない」「仕事をしている風」に見せたいと意欲がある人は、「愛されキャラ 」を目指して環境の1つを改善してください。

 

「愛されキャラ」になるだけで仕事へのストレスなんて半分以下になりますよ。だって失敗しても怒られないんですから。

 

「仕事をしたくない」なら会社内の位置付けは程々に

 

 

環境整備の2つ目のStepとしては職場の立ち位置についてです。会社内の位置付けというのはもちろん役職のことではありません。

 

ここでの位置付けの意味は「なんでも任せることができるやつ」なのかどうかです。端的に言えば「任せられる技能」は持っていても「イエスマン」になりすぎてはいけないと言うことです。

 

「イエスマン」がダメな理由

●「依頼主の手足」になるだけ

●「仕事ができない人」に見られる

●頼めば「なんでもやってくれる」
 

極端に悪い例をあげてしまいましたが、こうなってしまっては「仕事をしている風」どころか「もっと仕事をしてくれ」になりますます「仕事がしたくない」になってしまいます。

 

ピンチの時に現れる頼りないヒーローを目指せ

 

 

あなたが「仕事をしたくない」なら「なんでも任せられる」から「ピンチの時に助けてくれる」こういう位置付けになるべきです。

 

悪い例

(上司)今日中に〇〇をやってくれないかい?

(あなた)わかりました。今日中に終わらせておきます。
 
良い例

(上司)今日中に〇〇をやってくれないかい?

(あなた)今日中に終わらせることは不可能ですが、後1人手伝ってもらえれば
終わらせることができます。
 

この具体例のポイントは、きっと1人で終わらせることが出来たとしても「難しい問題」だと相手に思わせることです。

 

良い例の返答だとあなたの上司はこう思います

●1人増えれば確実に終わる

●他の仕事が忙しいのだろう

●どうしても終わらせたいから1人ヘルプつけるか
 

もし助けが1人つけることが出来たとすればあなたの「仕事量が減って」ラッキーです。逆に誰もつかない場合には、あなたが終わらせることができればあなたの評価は爆上げだと思いませんか?

 

会社の位置付けについてまとめると

■会社にいいように使われない

■ピンチの時に助けてくれる人間

■任せることは出来ても「忙しそうだしな」と思わせる
 

この3つを守って社内での立ち位置を振る舞えればあなたの仕事量は少しづつ減り、社内の評価は上がります。

 

「仕事をしたくない」ならできる事できない事を明確に

 

できる事できない事を明確にする」というのは簡単なようでとても難しいと思います。

 

難しい理由

●「できません」と言うと上司が怖い

●職場の雰囲気では簡単には言えない

●周りの人間で当たり前のようにできる人間がいる
 

これに当てはまるような人はきっと辛い思いをしてきたんだろうと思います。こんな状況を「ブラック企業」と呼ぶんでしょうね。

 

キッパリ「できません!」と言える勇気を持とう

 

 

例えばあなたが新人の時代、こんな先輩・上司いませんでしたか?

先輩風を吹かす人の口癖

●おれが若い時は・・・

●だからお前はダメなんだ・・・

●これだからゆとり世代は・・・
 

こんな先輩・上司は「〇〇をやれ」と言った後にできませんと言うと「おれが新人の時は〜」などと武勇伝を語る人もいます。

 

しかし、いくらあんたが出来たんだとしてもいきなりできるやつなんて絶対にいません!こんなもの「総理大臣にいきなり畑から野菜を作ってみろ」と言ってできないのと一緒!

 

1番大事なこと

「できません」で終わるのではなく「できないので教えてください」と言えること。

 

教えてもらうことに歳なんて関係ありません。なぜなら「できないものはできない」とはっきり言わないと逆にひどい仕事になり周りに迷惑がかかるからです。

 

これでも教えてくれない先輩・上司がいる会社なら、キッパリ見限って転職を考えた方があなたのためだと思います。

 

「できない」だけではなく何ができないかを明確に

 

さらにここからが重要で、「できないので教えてもらっている時に」少しでもわかることがあれば「それならわかります」と言えることです。

 

教える側の受け方としては「全てわからない」と捉えている可能性の方が高いので、あなたは「これならできる」とアピールしなくてはなりません。

 

未知のものに触れる時は興味のあるものだけに

 

 

本題に戻りますが、余計な仕事と言うのは「自分の管轄外の仕事」のことです。

 

想像してみてください。あなたが新しいガジェットやアクセサリーなど「好きなもの・興味のあるもの」に対しては時間を忘れて沢山調べますよね。

 

では「嫌いなもの・興味のないもの」に対してはどうでしょう。調べたくもないし、興味もないから学ぶことにも抵抗があり時間がかかりますよね。ましてや仕事で自分の未知の領域だとしたらなおさら時間がかかります。

 

こういう「未知の領域の仕事」は絶対に時間の無駄になります。

無駄にしないために

●1人では抱えない

●できないことはハッキリ伝える

●危険だと思ったら誰かを巻き込め
 

この3つを守ることで、会社に迷惑はかけないし仕事量も減らすことができるし何よりあなたはストレスを抱えなくてすみます。

 

「仕事をしたくない人」の為の環境整備のコツまとめ

 

 

■「仕事したくない」ならすべき事

●愛されるキャラを目指せ

●イエスマンになるな!頼りないヒーローを目指せ

●できるできないハッキリして無駄なことに時間を使うな
 
この3つの環境整備のコツを上手に活用して少しでも楽に生きましょう。
 
会社に雇われている以上は嫌なことだらけだけど、あなたを取り巻く環境を操ることで一日でも早く「仕事している風」に見られよう。
 

スポンサーリンク

>>節約に繋がる参加無料セミナーがあるのでのぞいてみてね<<

>>保険について無料で相談できるからチェックしてみてね<<