注目キーワード
  1. 育児
  2. 仕事
  3. 生活
  4. イベント

【必須レベル】階段にベビーゲートは必須【5分で設置完了】  

 
ナウイズミ
こんにちはナウです。

今回は「子どもの安全」をテーマに話します。
 
こんな人にオススメの記事

●幼児と2階建以上の家に住む人

●階段に幼児のための落下防止対策をしていない人

●階段に幼児のための安全対策どうしたらいいか、わからない人

 

上記3つの内、ひとつでも当てはまっているなら、今すぐに「ベビーゲート」の設置をオススメします。

 

■本記事の内容

□「ベビーゲート」ってどんなものがある?

□「ベビーゲート」の安全面は?

□「ベビーゲート」設置はマジで5分?
 
 
ナウイズミ
私の家族は4歳と1歳の子どもがいますが、実際に階段の上り下りの入り口にベビーゲートを2箇所設置しています。

不便なことは一切ないし、もちろん転落事故は1度もないです。
 
本記事では、「ベビーゲートの必要性」についてお話します。
 
「ベビーゲートなんてなくても事故らないよ」と思っているあなたも、5分程度で「ベビーゲートの必要性」がわかるので是非最後までお付き合いください。
 

スポンサーリンク


 

「ベビーゲート」ってどんなものがある?

 

 

ベビーゲートの種類は大きく分けて2つです。

 

ベビーゲートの取り付けタイプ

●置くだけタイプ

●壁取り付けタイプ

 

このタイプ別でどういった違いがあるのか説明します。

 

ベビーゲート【置くだけタイプ】

 

 

置くだけタイプの使い道は「触って欲しくない危険なもの」を守るなどに使えます。

 

触って欲しくない危険なもの

●テレビ・AV機器

●ストーブ・暖房機器

 

置くだけで設置完了なので、設置場所を変えたいときも超簡単です。

 

あんまり設置したくない所

出入り口などの、頻繁に行き来するところ

 

理由はシンプルで、大人が「またいで通るのがしんどい」からです。

それも「運動」だと思う人には、置くだけタイプもありだと思います。ちなみに置くだけタイプでもゲート付きはありますので是非検討してみてください。

 

 
ナウミ
私の使い道としては、料理している時に「キッチン」にきて欲しくないので、置くだけガードしています。

料理が出来あがれば簡単に取り外して、料理を運ぶことが出来て重宝してます。

 

赤ちゃんだけでなく幼稚園児もまたぐのはなかなか難しいので、用途に合わせて使うことをオススメします。

 

ベビーゲート【壁取り付けタイプ】

 

 

壁取りつけタイプの使い道は「とにかく通せんぼ」です。

 

行って欲しくない場所

●階段まわり

●油物を使ったキッチンまわり

 

壁付きタイプのほとんどがゲート付きです。

またぐ必要なしで落下防止が出来てメチャメチャ重宝します。

 

 
ナウイズミ
私は子供部屋にも設置してます。

リビングの掃除など、子どもに邪魔されたくない作業の時に便利です。

 

2つのタイプを紹介しましたが「サイズ・色・材質・ロック方法」商品によってそれぞれ特徴があるので、注意してよく確認してから購入してください。

 

「ベビーゲート」の安全面は?【倒れたり外れたりしない?】

 

 

結論から先に言えば、倒れたり外れたりする事故はおきています。だけど設置しないともっと大変なことになる可能性があります。

理由について、まずはベビーゲートが関係する事故を分析してみます。

 

ベビーゲートに関係する事故

●ベビーゲートに挟む

●ベビーゲートにぶつける

●ベビーゲートの柵が外れる

 

ベビーゲート本体が原因で考えられる事故はこんなとこです。

実際に上記3点で大事故につながりそうなのはなさそうですが、軽傷は負いそうです。

 

次に、ベビーゲートを使用していて起こる事故を分析します。

 

ベビーゲートを使用して可能性のある事故

●閉め忘れ

●ロック解除

●ゲートをまたぐ

 

特に閉め忘れによる事故が多いです。落下してそのまま入院なんて事例もあります。

設置しただけで安心せずに、開閉状況はしっかり確認しましょう。

 

 
ナウイズミ
ちなみにベビーゲートを使用していれば防げた事故は、都内だけでも過去5年で800件程度はあります。

マジで「転落防止策」は備えておくべきです。
 
事が起きてからじゃマジで遅い。このブログ読んだら即行動しましょう。
 

「ベビーゲート」の設置はマジで5分?

 

 

実際にベビーゲートは簡単に設置できるのか教えます。

 

壁付けの設置方法

①本体床面と床面が接していることを確認

②上の調整ボルトを左右均等になるように仮止め

③下の調整ボルトを取り付け

④上の調整ボルトをしっかり締め付け

⑤最後に扉がしっかり開閉できるか確認

 

わかりやすい取り付け方法の動画がありましたので、参考にどうぞ。

 

 

 
ナウイズミ
動画でも2分かからず設置している通り、マジで5分もかからずに安全対策が出来ます。

 

置き型の設置方法

①組み立て

②置くだけ

 

置くだけなので、どのような使い勝手なのかわかりやすい動画がありましたので参考にどうぞ。

 

 

 
ナウイズミ
動画を見て分かる通り、作業中のキッチン周りをウロチョロされるのは邪魔というより「マジで危険です。」
 

設置に5分もかからずに、誰でも設置できますので子育てにはマジで便利な道具です。

 

【まとめ】ベビーゲートの必要性

 

ベビーゲートの必要性まとめ

●ベビーゲートは大きく分けて2種類

●置くだけタイプは触って欲しくない場所に使おう

●壁取り付けタイプは絶対に行って欲しくない所に固定で設置

●設置しても事故につながるのは「閉め忘れ」「ロック解除」「またぐ」こと

●5分かからず簡単に設置できて転落事故を防げるので必須レベル

 

今回のお話をまとめると、こんな所です。
 
ベビーゲートは設置した後悔なんてひとつもないくらい、必須レベルの安全対策です。
 
 
ナウイズミ
子どもがいる家庭なら、階段だけでなくキッチン周りでも使い道はあります。

是非購入をオススメしますよ。
 
それでは今回はこのへんで。
 

スポンサーリンク